自分クリエイト【10,000冊PJ】

[10000冊PJ〜「好き」で「生きてく」〜本を通じて自活できる人間になる〜というコンセプトで進めていきます!

3冊目(平林:2冊目) 『まんがでわかる 7つの習慣』

「まんがでわかる 7つの習慣
著者:フランクリン・コヴィー・ジャパン (監修)   発行日:2013年10月11日
評価:★★★★☆
読破冊数:2/100冊


◼︎こんな人におすすめ
・人間関係で悩んでいる。
・考え方の本質を学びたい人。


◼︎内容紹介
世界で3000万部、日本国内で160万部を突破した自己啓発本の金字塔『7つの習慣』が初のまんが化! 大ヒットした『まんがと図解でわかる7つの習慣』よりもさらにわかりやすく、エッセンスをまとめました。亡き父のバーを再開すべく、バーテンダーを目指す主人公・歩が勤め始めたバー・セブン。そこへ訪れる人々の悩みと気づきが、7つの習慣の要点とリンクし、読み応えのある物語となっています。自分を変え、人生を変えたいと願うすべての人に。
内容(「BOOK」データベースより)
バーテンダーを目指して修業を始めた歩。バー「セブン」での様々な出会いを通して、彼女は少しずつ“本物”への階段を上っていく。歩の生き方、考え方を少しずつ変えたのは、「7つの習慣」だった―。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小山/鹿梨子
まんが家。『別冊フレンド』(講談社)の読み切り「保健室の鈴木くん」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
引用先:Amazon

◼︎この本から学んだこと
・人生の考え方の基本を学べる。
・とくに、基本的な考え方である「インサイ・ドアウト」というものに共感。
「See(物の見方)→Do(物の見方から来る行動)→Get(行動の結果、得る物)」の循環を理解した。問題は内なる自分の中にあるという考え方。


<<目次>>
「7つの習慣」の前に意識すること 問題の見方を「インサイド・アウト」に変える
第1の習慣 主体的である
第2の習慣 終わりを思い描くことから始める
第3の習慣 最優先事項を優先する
第4の習慣 Win-Winを考える
第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣 シナジーを創り出す
第7の習慣 刃を研ぐ