自分クリエイト【10,000冊PJ】

[10000冊PJ〜「好き」で「生きてく」〜本を通じて自活できる人間になる〜というコンセプトで進めていきます!

7冊目(平林:6冊目) 『多動力』

「多動力」
著者:堀江貴文   発行日:2017年5月27日
評価:★★★★☆
読破冊数:6/100冊


◼︎こんな人におすすめ
堀江貴文が好きな人
・人生観を変えたい人
・好きなことで働きたい人


◼︎内容紹介
堀江貴文のビジネス書の決定版! !

一つのことをコツコツとやる時代は終わった。
これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。
このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
第2章 バカ真面目の洗脳を解け
第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ
第4章 「自分の時間」を取り戻そう
第5章 自分の分身に働かせる裏技
第6章 世界最速仕事術
第7章 最強メンタルの育て方
第8章 人生に目的なんていらない


Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が
インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる
「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。
「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

「はじめに」より
著者について
1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。
引用先:Amazon<

◼︎この本から学んだこと
「とにかくチャレンジしようという行動力とアイデアを進化させる力が求められる。」
今やりたいことをチャレンジするということがどれだけ重要なのかを学ぶことができる本。とくに第1章のこの文は考えさせられる。
「見切り発車でいい」まず始めることがいかに重要か!そこが一番のポイントだと改めて知らされた。
完璧主義な面がある自分にとって、「不完全でもいいからとりあえず始めてトライ&エラーを繰り返すほうが有意義」であると心を打たれる文。

とりあえず、そろそろ思いついたものから始めてみようと思う。
そう思わせてくれた本でした。