自分クリエイト【10,000冊PJ】

[10000冊PJ〜「好き」で「生きてく」〜本を通じて自活できる人間になる〜というコンセプトで進めていきます!

24冊目(平林:17冊目) 「情報は1冊のノートにまとめなさい」

「情報は1冊のノートにまとめなさい」
著者:奥野宣之   発行日:2013年12月13日
評価:★★☆☆☆
読破冊数:17/100冊


◼︎こんな人におすすめ
・情報のまとめ方に困っている人


◼︎内容紹介
◆分類・整理しても使えなければ意味がない。
実際に情報を使うための「一元化」管理術。

◆誰でも今すぐ100円で実現!
ローテク「知的生産術」

情報整理というと、分類・整理しなければならないと思っている人が多いかもしれませんが、実はその分類・整理こそが「続かない」「使えない」原因となっています。

情報を実際に活用するには、情報を一箇所にまとめ、分けずに時系列に書き込んでいけばいいのです。

そうすることで、すべての情報は必ずノートの中に「ある」ことになります。そして、パソコンを使った検索術を活用することで、情報は一発検索することができるようになります。

情報は複雑に管理しても続かない、使えない。ちまたの情報整理術、手帳術、知的生産術の本を試してもうまくいかなかった人、ノウハウを学んでも実際には活用できていない人のために、「簡単に」「誰でも」「使える」「ローテク」の情報整理術を紹介します。

内容(「BOOK」データベースより)
分類・整理しても使えなければ意味がない。実際に情報を使うための「一元化」管理術。

著者について
◆奥野 宣之(おくの・のぶゆき)
1981年、大阪府生まれ。同志社大学文学部を卒業後、現在まで環境、運輸などの業界紙で記者として活躍。かたわらで雑誌、フリーペーパー向けに原稿執筆、写真撮影なども行う。行政や企業を取材してビジネス記事を書く一方、取材メモの整理と原稿作成に苦労した体験から、効率的な情報管理についても研究を重ねる。ややこしい話をキャッチーに要約したり、インタビューをそれらしくまとめる手腕には定評がある。発信側の真意を酌んで読者に本質的な意味を示す「コミュニケーションの仲介役」になれるよう心がけており、そのノウハウは他のビジネスにも有益だと考えている。本書がデビュー作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥野/宣之
1981年、大阪府生まれ。同志社大学文学部を卒業後、現在まで環境、運輸などの業界紙で記者として活躍。かたわらで雑誌、フリーペーパー向けに原稿執筆、写真撮影なども行う。行政や企業を取材してビジネス記事を書く一方、取材メモの整理と原稿作成に苦労した体験から、効率的な情報管理についても研究を重ねる。ややこしい話をキャッチーに要約したり、インタビューをそれらしくまとめる手腕には定評がある。発信側の真意を酌んで読者に本質的な意味を示す「コミュニケーションの仲介役」になれるよう心がけており、そのノウハウは他のビジネスにも有益だと考えている。『情報は1冊のノートにまとめなさい―100円でつくる万能「情報整理ノート」』がデビュー作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
引用先:Amazon


◼︎この本から学んだこと
すべての情報は1冊のノートにまとめた方がわかりやすいと説いている。

ノートは単価の安いノートを使い、1冊にまとめた情報はパソコン上のノートパッドにデータベースとして保存して、検索しやすいようにすることを推奨している。

インプット→アイデア→アウトプットの流れが重要。

2008年発行の本で、現在ではクラウドを使って保存した方が有効的と思う。


◼︎もくじ
「目次」

1冊にまとめるほうが、結局うまくいく

第1章 複雑なのは続かない、使えない

    これだけのことが一冊でできる
    1冊だけでいいから「シンプル」
    シンプルだから「続けられる」
    低コストだから「いくらでもメモ」
    文庫本サイズで「携帯できる」
    二刀化するからr必ずある」
    探しやすいから「活用できる」
    続けるうちに「データベースが作れる」
    自分だけの「かけがえのないノート」に

第2章 情報を一元化する技術

    何でもここに書く
    時系列を守る
    日付ラベルは六桁で
    略記は「ローマ宇母音抜き」
    「とりあえず貼る」効用
    探書リスト
    ペンは失くすのが前提
    家のなかでも使おう
    A4書類の貼り付け方
    膨張への対策
    ページでポケツトを作る
    これだけは欲しい文房具
    最小労力で「代替わり」

第3章 予定と記録を一元化する「時間管理術」

    スケジュールシートを自作する
    自作シートのメリット
    スケジュールも一元化を
    「行動記録」から過去データがわかる
    年中行事の記録がすぐ調べられる
    日記も一元化する
    不安も記録すればカウンセリングになる

第4章 ネタになる断片メモの「保存法」

    lDやバスワードを管理
    タグで一覧を呼び出す
    資料の保存は「無分類+検索」
    アルバムも要らなくなる
    ハガキ・手紙の保存とスクラツプ
    読書ノートも一元化
    ネタ帳にする
    メモからネタまで育てる
    断片情報をあとから引っばり出す
    ジョッタの活用
    風呂のなかでメモ
    すばやく正確にメモするテクニツク

第5章 メモを宝に変える「アイデア術」

    アイデアとは何だろう
    インプットとアウトプットのあいだ
    いい材料がなくてもいい
    宝くじの当て方
    レスポンス人間に
    ゴミの中にはお宝が
    紙ベースでじたばたする
    発酵を経てこそのアイデア

第6章 分類せずl発検索する

    情報をたぐり寄せる「ひも」
    索引をデジタル化する
    テキストファイルは軽量・軽快
    テキストエディタを手に入れよう
    索引ファイルの作り方
    ヒットするタグとキーワードのコツ
    検索してみよう